沖縄旅行でシュノーケリングを楽しむなら大渡海岸もおすすめです。糸満市にある綺麗で広い海岸なのですが、手前には大きなタイドプールがあり、こちらは水深3メートルから5メートルです。手前は波がほとんど来なくてとても穏やかなのでシュノーケリングスポットとしてぴったりの場所です。

泳ぎの練習をしたい人にぴったり

大渡海岸はどちらかというと海というよりも大きなプールをイメージできるほどの形をしています。一回だけ来て終わりではもったいないほど、何度来てもさまざまな場所から入ることができるので、自分の入りやすい場所を探してみるのも楽しみの一つかもしれません。大きな浜を目の前にしてのんびりとリラックスして過ごしてみてはいかがでしょうか。ちょっと泳ぐことで大きい丸いサンゴがあるのですが、その周辺には色とりどりのとてもきれいな魚が群れを成しています。

シュノーケリングだけじゃない

シュノーケリングをするのにとても楽しいことはもちろんなのですが、それだけではありません。夕方はとても夕日がきれいなスポットとしても知られていますので、夕日を見に行くというのも素敵かもしれませんね。大渡海岸の沖にはカメが姿を現すこともありますので、運がいい人は、ウミガメなんかも一緒に泳げるかもしれませんね。

けがをしないように気を付けて

エントリー場所が沢山あることが特徴ですが、エントリー場所は岩場です。足を怪我しないように必ずマリンシューズは履いておいたほうががいいでしょう。サンゴを踏んで足を怪我してしまうということもありますので、そうならないように注意しておきましょう。砂場であってもサンゴが流れ着いている可能性があるので気を付けましょう。

関連する記事